給与計算の電算化|企業に最も重要なワークフロー改善|企業の管理に必要なシステム

企業に最も重要なワークフロー改善|企業の管理に必要なシステム

男女

給与計算の電算化

男女

煩雑な給与計算

会社は、社員を雇用して働いてもらう代わりに、その対償として給与を支払います。このことが労働契約の根幹をなすとともに、労働基準法などの関係法令により給与に関する一定のルールが定められています。給与計算とは、字句のとおり、社員に支給する毎月の給与を計算する業務のことを指します。給与の額は、毎月変動することが通例で、その計算方法は複雑です。残業をした場合は、残業時間を確認し、その時間に相当する残業代を算定しなければなりませんし、社員が本来役所に納めるべき所得税や保険料も源泉徴収により天引きします。このため、社会保険料や労働保険料も計算しなければなりませんので、かなり煩雑な内容になっています。煩雑ですが、正確に計算しなければ法令違反になるとともに、社員の士気阻喪にもつながりかねません。そこで、給与計算システムの導入の必要性があります。給与計算システムの導入により、煩雑な給与計算に要するコストを削減することができます。

給与計算電算化のメリット

給与計算は、どんなに煩雑であっても正確に実施しなければなりません。正確性が要求され、会社の運営基盤を支える重要な業務の一端をなすことは間違いありませんが、一方で生産性がある仕事ではありません。あくまでも会社の運営基盤を支える間接部門的な業務でしかありませんので、どんなに正確に業務を行っても、そこから収益が上がることはありません。給与計算システムを導入により、給与計算業務の効率化を実現し、当該効率化によって削減した人員や経費を、本来的な業務に振り向けることで、会社の業績アップにつなげることができます。この場合においても、給与計算に関する法令の改正に伴う、給与計算システムの改修作業は、給与計算担当者が行わなければなりませんが、システム導入前と比べると省力化が期待できます。