人件費やコストが削減可能|企業に最も重要なワークフロー改善|企業の管理に必要なシステム

企業に最も重要なワークフロー改善|企業の管理に必要なシステム

男女

人件費やコストが削減可能

女性

給与計算の煩雑さ

給与計算は、一定期日に、全額を支払うことが、労働基準法により定められています。会社と社員は、労働の対償として給与を支払うという労働契約を締結していますので、支給ミスがあった場合、社員の会社に対する信頼感が損なわれてしまいます。法令上、所得税や住民税は、会社が源泉徴収し、税務署や地方自治体に納付し、社会保険料や労働保険料の本人負担分についても、会社が給与から控除して、納付することになっています。さらに、残業代の支払いなど、関係法令に基づいて正しい給与計算を行わないと、労働基準監督署から指摘を受ける可能性があります。労働関係法令、税率や社会保険は、毎年のように改訂されますので、当該改訂への対応も必要となります。給与計算は、会社にとって非常に重要な業務でありながら、できて当然の業務であり、かつ直接収益にはつながらない業務です。このため、給与計算アウトソーシングを利用することが考えられます。給与計算アウトソーシングの利用により、間接部門の業務を省くことができます。

給与計算外注のメリット

給与計算業務には、給与計算担当者の人件費のほか、給与計算システムの開発、運用、メンテナンス費用など、さまざまなコストが発生します。給与計算アウトソーシングを利用した場合、給与計算システムを維持する必要もなく、コストが大幅に削減されることになります。また、毎年のように改正される労働関係法規や社会保険制度への対応、すなわち就業規則などの改正や給与計算システムの改修などの付随する業務を行わなくて済みます。給与計算アウトソーシングにより、給与計算業務に投入していた人員、設備、時間、経費などの経営資源を、ルーティン的な給与計算業務から、本来的な業務に振り向けることができます。特に立ち上がったばかりのベンチャー企業などにとっては、本来業務に集中できますので、給与計算アウトソーシングの導入について、検討する価値があります。