企業に最も重要なワークフロー改善|企業の管理に必要なシステム

ウーマン

業務の効率化

男性

業務の流れをチェック

ワークフローの改善は、企業活動において欠かすことのできない重要なファクターのひとつです。基本的に各部門や担当者は常に自分の抱える業務の最適化を図ろうとします。結果として自分が管理している範囲内においては、作業の合理化されることになりますが、それは決して部門全体あるいは会社全体の業務から見ると不合理なものとなっていることも珍しくありません。個々の最適化が必ずしも全体の最適化へとつながらないという、いわゆる合成の誤謬が発生するからです。この状況を改善するためにBPMと呼ばれるビジネス全体のワークフローを分析・最適化するシステムと、ワークフローシステムと呼ばれる業務フローを自動化するためのシステムが存在しています。

BPMとの違い

BPMはビジネス管理システムと呼ばれる上流工程で使われるシステムです。経営者や統括責任者が現状のワークフローにボトルネック等の無駄な部分がないかどうかをチェックし、現状を分析することによって、最適なワークフローを組み上げるためのシステムです。一方、ワークフローシステムは、業務における承認・申請の流れを自動化し、情報を共有化するための基盤となるシステムです。BPMとワークフローシステムはよく混同されることがあるのですが、両者はその目的も使い方も異なっています。企業の業務改善の目的や状況に応じて、両方が必要となることもあれば、片方だけで十分ということもあるわけです。それぞれのメリット・デメリットを把握した上でシステムを活用することが重要です。

人事と給与の重要性

電卓

人事給与制度は、会社の根本である社員にとって基本的な事項であるとともに、モチベーションに影響する重要な問題です。社員にとって、人事と給与は仕事のモチベーションを大きく左右しますので、合理的かつ効果的な人事給与制度の整備が会社の発展に必要です。

詳細

人件費やコストが削減可能

女性

給与計算業務は、法令に対する知識が必要とされるなど、煩雑な業務であるにもかかわらず、会社の運営を支える間接部門的な仕事です。収益を生み出しませんが、会社にとって欠かせない業務です。そこで、給与計算アウトソーシングを利用することにより、給与計算業務に充てていた資源を本来業務に振り向けることができます。

詳細

給与計算の電算化

男女

給与計算は、会社にとって重要な業務ですが、ある意味当たり前の業務であり、収益を生み出すことはない、間接部門的な業務です。本来的な業務に人員や経費などの資源を振り向けるためには、給与計算システムの導入が必要です。

詳細